現在掲載中の情報

  • アジア国際法学会日本協会 国際法研究者実務家勉強会
  • WTO紛争処理講演会のご案内
  • Building Trade Ties with Japan’s Emerging Female Leadersのご案内
  • アジア国際法学会日本協会第15回研究大会のお知らせ
  • 【公募】外務省経済局国際貿易課 任期付職員の募集
  • 【公募】外務省 国際法局 経済条約課 任期付職員の募集

アジア国際法学会日本協会 国際法研究者実務家勉強会のご案内

 
【会議】アジア国際法学会日本協会 国際法研究者実務家勉強会
【日時】2024年3月13日(水)18:00~20:00
【場所】Zoomによるオンライン形式での開催
【テーマ】AIガバナンスのゆくえ
【URL】https://asiansil-jp.org/events/20240214/

 

WTO紛争処理講演会のご案内

 
WTO紛争処理講演会のご案内

 

【日時】 2024年3月27日(水) 17時~18時 (※事前登録不要
【場所】 早稲田大学早稲田キャンパス14号館8階801会議室 地図はこちら
【テーマ】 The Present and Future of WTO Dispute Settlement
【報告者】 Jorge Castro, Director of the Legal Affairs Division, WTO Secretariat
【連絡先】 福永有夏(早稲田大学) (yuka-fukunaga[アットマーク]waseda.jp)

Building Trade Ties with Japan’s Emerging Female Leadersのご案内

 
Building Trade Ties with Japan’s Emerging Female Leadersのご案内

(1)募集機関及びプログラム概要:
With the generous support of the Japanese Ministry of Foreign Affairs, the Asia Society Policy Institute (ASPI) will be holding this program in person, tentatively scheduled for February 12th – 16th 2024. It will include an intensive week-long program in the U.S., featuring workshops and briefings in Washington D.C. and New York City. The program will cover travel and related expenses, including round-trip economy airfare from Tokyo to the U.S., domestic travel within the U.S., lodging, local transport, and some group meals during sessions.

(2)応募資格
Nationality: Must be a Japanese national
Age: At 45 or under (to be eligible, candidate must be born in or after 1979)
Language Skills: Fluent in English
Professional Experience: Women working outside of government with leadership potential, in the field of trade, business or public policy, as well as academics working in these subject areas

(3)公募期間
Deadline for Application Submissions – December 17, 2023 
Candidates Selected and Notified – December 22, 2023

(4)公募機関による公募情報が掲載されているウェブサイトのアドレス
https://asiasociety.org/policy-institute/building-trade-ties-japans-emerging-female-leaders
 

アジア国際法学会日本協会第15回研究大会

 
【会議名】アジア国際法学会日本協会第15回研究大会
【日時】2024年6月30日(日)
【場所】中央大学茗荷谷キャンパス(東京)
【テーマ】国際基準の国内的援用:日本とその他のアジア諸国における国際法の作用
【URL】https://asiansil-jp.org/events/20231201/
 

【公募】外務省経済局国際貿易課 任期付職員の募集

 
(1)公募機関及び採用期間:
    外務省経済局国際貿易課
    令和6年4月1日から令和8年3月31日までの2年間(予定) 
    (注)採用期間は開始時期含め相談可能です。
(2) 公募対象の研究領域:
    WTO協定を中心とする国際通商法

(3) 申請締切:令和6年2月5日まで(必着)

(4) 公募情報が掲載されているウェブサイトのアドレス
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/it/pagew_000001_00078.html

【公募】外務省国際法局経済条約課 任期付職員の募集

 
(1)公募機関及び採用期間:
    外務省国際法局経済条約課
    1年間  (注)採用開始時期、期間については相談可能です。
 
(2)公募対象の研究領域:
  主として、貿易・投資・租税分野(特にEPAにおける物品・サービス、投資、知的財産、競争、国有企業等の各分野、投資
  協定、租税条約)に関して、以下の業務を行います(具体的な担当分野は各候補者の経歴・適性を考慮して決定します)。
 (1)条約の締結に向けた交渉に係る業務(対処方針の作成及び交渉の現場における法的な整理、精査、助言等)
 (2)各種条約の締結に関する国内手続に係る業務(内閣法制局における条文審査への対応、閣議決定や国会提出に関する
    各種手続・調整)
 (3)締結済みの条約に関する解釈 等
   (注)上記の業務はあくまで一例であり、具体的に担当いただく個別の業務については、経歴、経済条約課が
    所掌している条約交渉の進展状況を踏まえ、決定します。
 
(3)公募期間
     随時(採用決定次第公募終了)
 
(4)公募機関による公募情報が掲載されているウェブサイトのアドレス
     https://www.mofa.go.jp/mofaj/ila/et/page24_001893.html